スポンサーリンク

パグの飼育 予防接種について

スポンサーリンク



今回はうちのパグちゃんを参考に毎年の予防接種について書きたいと思います。

ちなみに我が家のもなぴのスペック
・年齢 3歳と半年
・体重 9.3キロ
※後で書きますがフィラリア予防のお薬は体重によって処方量が変わります。




毎年受けている予防接種

毎年受けている予防接種は下記の3つ

混合ワクチン
あらゆる病気の予防の為に接種が必要
うちのもなぴは10種混合ワクチンを打っています。

狂犬病予防注射
全てのワンちゃんが必ず摂取する必要があり、在住している市町村への登録が必要
※一度摂取・登録していると毎年市からハガキが届きます。

フィラリア予防
注射の場合や、口から摂取する物もあります。
うちのもなぴは口から摂取するおやつのようなタイプのものを6月〜12月にかけて毎月一つ食べさせています。
ちなみに体重によって摂取量が違います。
うちのもなぴは7.5キロ〜15キロのコ用をもらっています。

時期

いずれも年に1回。
狂犬病の予防接種についてはだいたい4月ごろ、お知らせのハガキが届きます。
ワクチンは飼い始めた時期によって皆さん異なると思いますが
うちのもなぴはちょうど飼い始めた月が4月で、注射もその頃うけていたので
毎年、狂犬病→4月 ワクチン→5月 に受けています。
フィラリア予防についてはノミダニ予防も同時にできる食べるタイプのものを6月〜12月(虫さんが活発な時期)に月に一つ与えています。

↓参考にフィラリア・ノミダニ予防のお薬です。
【犬専用】フィラリア症予防・ノミ・マダニ、お腹の虫の駆除薬はこれ1つでOK。|ノミダニフィラリア.com


費用は?

狂犬病予防注射→3400円+狂犬病予防摂取済み交付票料 550円
ワクチン→8000円(もなぴが接種した10種混合ワクチンの場合)
フィラリア・ノミダニ予防のお薬→1月分(1個)3400円

ちなみにわたしが行っている動物病院の場合
初診料→1000円
毎回行くたびに再診料として→500円

合計すると1年に4万円〜5万円くらいかかります。

※初診料や推奨されるワクチンは病院によって異なります。

動物病医院選びについて

元々は、自宅から近くの昔からある動物病院に連れて行っていました。
が、設備も古くちょっと合わないなぁと思っていて違う病院に変えることを決意。
ワンちゃんを連れて行かなくてはいけないので自宅からあまり遠くない範囲で探しました。
結局は行ってみないとわからないのですが選ぶ基準として最低限以下の条件にしぼって探しました。
・駐車場がある
・クレジットカード支払いOK
・トリミングもやってくれる
・外観や設備がキレイ
最近は当たり前のようにクレジットカードで支払いできるところ多いんですね〜!
皆さんもワンちゃんと飼い主さん自身にメリットのある良い病院をお選びください。


以上簡単にですが予防接種編でした(●´ω`●)

ちなみにもなぴさん
病院ではずっと怖がって診察台の上でブルブルしていました(笑)


↓パグ好きにはたまらない映画です(●´ω`●)



ブログランキングに参加しています。
よかったらポチっとお願いします(✿︎´ ꒳ ` )


スポンサーリンク