スポンサーリンク

歌が上手くなるためにやったこと

スポンサーリンク







このブログのジャンルとは全く関係ないのですが
私実は歌を歌う人でした。
現在は全く音楽に関する活動はしていないただの労働者ですが
これまでにバンド活動、ボイトレ、コーラス、小さな事務所に所属等々歌うことに携わってきました。
今回は歌唱力の向上の為にやったことを紹介しようと思います。


初めに

この記事では、発声だとかテクニックのことは書きません。
腹式呼吸だとかリフとかフェイクとかそういったお話はボイトレで習えばいいですし、他の記事でもたくさん紹介がありますので、わたしが書くより他を参考にした方がわかりやすいです。(笑)
ですのでこの記事では、日頃自分がどんなことをしていたかとか、意識の部分について書こうと思います。

とにかく聞く

声を出すには、表現するにはとにかくたくさんの音楽に触れて聞くことだと思っています。
ただし、少し聴いてみて
「これ好みじゃないな」と感じるものは聴き続けても自分の中に何も入ってこないのですぐにやめます。
なんだか聴いていると心地がいい、何度か聴いていると覚えてしまう、聴いていると鳥肌が立つ、そんな音楽を出来るだけたくさん見つけて聴くようにします。
自分の感性に合った音楽=自分が表現しやすいジャンルになるからです。

真似してみる

多分誰もが、好きなアーティストさんがいて、その真似をしてみたことがあるかと思います。
それってモノマネにはなってしまうけど、実は歌唱力アップの為にはすごく役に立ちます。
なぜかというと
好きなアーティストの真似をしてみることで、自然と音程も合ってきます。
音の強弱とかも意識しなくても付けるようになっています。


ちなみにわたしの大好きなアーティスト
西川貴教さんが出している本です。
ここには歌が上手くなる方法は書かれていませんが、なんだかとても熱い気持ちになります。

ビブラートはうらめしや〜

これは幼い頃に父親に習いました。
ビブラートが出来るようになる為に「うらめしや〜」というセリフをできるだけ声を震わせて、オバケっぽく言う。
それをそのまま歌に持っていこうとするのは難しいんですが、「あ、これがビブラートね」と認識することはできます。

当たり前の腹筋

若い時は、運動もしていて勝手に腹筋も鍛えられていたので意識してやったことはなかったです。
でも運動する機会が無くなった今、筋肉も落ちてしまい、改めて腹筋の必要性を実感しました。
声が出ない、息が続かない。こんなにも違うんだなと思いました。
なので、特にバンドで歌う場合は声量必須なので腹筋は絶対鍛えるべきです。

歌詞を理解する

最近の曲は、歌詞を理解するのが難しかったり深い意味を持たせていないイメージのものが多いなと感じます。
あまり、抑揚をつけてグワァっと広がっていく曲もない気がします。
歌の上手さはテクニックもそうですが、感情表現にあるとわたしは思っています。
楽しい、嬉しい、悲しい、伝えたい
色んな感情をいかに歌に表すかを考えるうえで、歌っている歌詞の意味を理解することが非常に大事です。
なので必ず何度も何度も歌詞を読み込んで理解して、どう歌ったらその歌詞に込められた意味を表現できるかを考えるようにしていました。



スポンサーリンク



ひたすら歌い込む

聞くだけ、真似するだけ、考えるだけでは全く上手くなりません。
ひたすら何度もその曲を歌い込みます。
アーティストの声が入っていると自然と真似になってしまうので、アカペラもしくはカラオケで。
アーティストの声が無くなった瞬間、必ず違和感が出てきます。
なんか、上手く歌えてたのに違うな?
そう感じたらそこがスタートです。
自分の歌い方、自分のテクニック、自分の声量
モノマネではなく自分の歌にするまで歌い込みます。

録音して聞く

当然ながら自分が聴いている声と、周りが聴いている声はかなり違います。
歌い込みながら、録音して聴いてみる。
録音した音からフィードバックを受けてまた歌い込む。
この繰り返しを実践します。
きっとここでも違和感だらけなはずです。
「あのアーティストのように歌えていない」
でも、それが自分の歌です。それを受け入れるのが大事。


人に聞かせる

わたしは、一人で歌っているよりも誰かに聴いてもらう時の方が上手く歌えるタイプです。
上手いと言われたいから(笑)
自分の気持ちの問題もありますが、もちろんここでもフィードバックしてもらうことがとっても重要です。

ちなみにわたしはよく、ボイトレの先生に
「テクニックでごまかそうとすると気持ち悪い歌になるからやめろ」と言われて落ち込みました(笑)

まとめ

結局のところ、自分なりに色々やりましたが
自分が気持ちよく歌うことが1番大事だと思います。
バンド活動をしていた時、変に上手くなろうと意識せずもっと楽しくのびのびやっていれば良かったなとすごく今では思います。



以上、基本的なことばかりですが参考になれば是非実践してみてください(✿︎´ ꒳ ` )♡︎


ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク