スポンサーリンク

【パグの飼育】去年の夏にかかった皮膚炎のその後

スポンサーリンク








ども(*´ω`*)


2月ももうすぐ終わり。

だーんだんあったかくなってきました。

もなぴもまたまた毛の生え変わりの時期なようで
毎日大量な毛と格闘しています。





さて、今回ですが
2019年の夏にかかった皮膚炎の続編といいますか
その後どうなったかのお話です。




どんな症状だったっけ?

まずはもなぴの皮膚炎どんな症状だったっけ?
とゆーことで以前の記事を載せておきます。

※患部の写真などは無いので参考にならないかもかも。


www.monarobi.com


www.monarobi.com


とにかく、顎や身体中にポツポツと出来て
かさぶたになって剥がれて毛も抜けて...
それを繰り返していました。


見ていてかわいそうだった。゚゚(´□︎`。)°゚。





どれくらいの期間病院に通ったか

症状が出始めたのは6月くらい。
6月下旬くらいから1ヶ月くらい通いました。


飲み薬を貰って、様子見て、また経過を見てもらってって感じで1ヶ月。


実際病院に行った回数でいえば、初診含めて3回くらいだったと思います。


やっぱり梅雨から夏限定だった?

病院に行くほどブツブツしちゃったのはやっぱり6月の梅雨の時期から夏の間でした。


やっぱり湿気の多い時期以降はパグちゃんは皮膚のケアが大変。


病院に行かなくなってからも、ちょこちょこ軽い出来物ができてしまう事はあったけど
貰ってた塗り薬で治っちゃったり、ほっといても知らぬ間に無くなっていたり。


徐々に徐々にできなくなっていきました。


やっぱり梅雨から夏限定だったんだなぁと思いますが、それ以外の時期でもブツブツ出来ちゃうコもいるようなので
あくまで皮膚炎になりやすい時期が湿気の多い時期っていうだけだと思いますが。

現在

だいたい10月くらいから今現在は全くブツブツしなくなりました。


病院に行くこともなく痒がったりすることもなく、お風呂の頻度も1週間に1回だったのを、10月くらいから2週間に1回にしています。


それでも一応、肌にバリアをする為に保湿スプレーは使ってます。




今年の梅雨時期に備えてしておくべきこと

4月くらいからもう、お風呂はまた週1回に戻そうかなと考えています。
シャンプーも病院で買った薬用のものに変更。


あとはこまめにブラッシングするのは継続。
保湿スプレーもそろそろ無くなりそうなので切らさないように買わなくちゃ。





今年はかゆいかゆいにならないといいね、もなぴ。







ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク